(症状克服のためのチェックポイント)

1.どういう状態ですか。

子供の頃、内気な性格の子の場合、人見知りをすると良く言われますが、これは相手によって怖がったり恥ずかしがったりして上手く言葉が出てこないというような状態のことを指すことが多いと思います。
しかし、成長し歳を重ね人間関係の経験を積む中で少しずつ人見知りをすることがなくなってくるのが普通だと思います。
しかし、赤面症多汗症といった社会恐怖の症状に悩んでいる時は大人になっても相変わらず人見知りをすることが多いものなのです。
大人の人見知りの場合も苦手な人に対して緊張してしまい自分を出せないという形で現れてくることが多いものです。
また、異性に対して人見知りをしてしまうという恋愛恐怖症的な人見知りという形で現れてくることも多いものなのです。

2.何が原因ですか。

大人になってからの人見知りは単に内気で恥ずかしがり屋というレベルを超えて、対人恐怖などの神経症が原因になっている場合がほとんどだと言って良いと思います。
つまり、人から変に思われたらどうしようという不安にとらわれた状態だと言って良いと思います。
ですから自分の心の中に対人恐怖の傾向があるかどうかがMTカウンセリングで治せるかどうかの1つのチェックポイントになると思います。

3.どう対応したら良いのですか。

今、上にも書きましたが大人になってからの人見知りは対人恐怖などの神経症が原因になっていますから、まず、これを治していくことが大切になります。
今は対人恐怖も社会不安障害などと呼ばれ、薬で治そうとする傾向がありますが、この方向では人見知りの症状を表面的に抑えるだけであり根本的な克服には結びつかないと思います。
ですから、森田療法などの精神療法によって、人から変に思われたらどうしようという不安に対する「とらわれ」を解消するようにしていくことが大切になると思います。
つまり、こうしていく中で人見知りの症状を根本的に克服していくことが出来るのだと思います。

次のページへ

※ なお、人見知りの症状についての、さらに詳しい克服方法については下記のHPをご覧ください。

…………………………………………

(森田療法、神経症専門)
MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com