(症状克服のためのチェックポイント)

1.どういう状態ですか。

仕事のことや、将来の生活のことに対して不安を感じたり、心配になってしまったりすることは、多かれ少なかれ、誰にでもあることだと思います。
しかし、こういう誰にでもある、感じて当然の不安や心配を異常なことだと考え排除しようとしてしまうと、ここに「とらわれ」が起こり、予期恐怖という症状が起こってくるものなのです。
つまり、常に将来のことに対して不安や心配を感じている状態だと言って良いと思います。
社会恐怖の場合であれば、また人前で緊張しぎこちなくなったらどうしようと怖くなってしまうといった形で現れてきます。
また、赤面症の人であれば、顔が赤くなったらどうしようと予期恐怖を感じるために人と会うことを避けてしまうことも多いものなのです。
そして、予期恐怖の方に注意が向く結果、目の前の、しなければならないことが疎かになっていることが多いものなのです。
ですから、こういう傾向があるかどうかがMTカウンセリングを適用できる予期恐怖かどうかのチェックポイントになると思います。

2.何が原因ですか。

予期恐怖の場合も、感じて当然の不安や心配を異常なことだと考え排除するという、誤った認識が根本的な原因になっていると言えるのです。
これは神経症に悩んでいる時に誰にでも見られることなのですが、本来、人間における自然現象である不安や心配といった感情を自分の意志の力で変えようとしてしまうところに問題があると言えるのです。
森田療法では、これを「気分本位」の「はからい」の行動と言っていますが、こういう形で誤った方向に考えたり行動してしまうことで予期恐怖という症状が起こってくるものなのです。


3.どう対応したら良いのですか。

森田療法の基本となる森田理論の学習をしていく中で不安や心配といった感情を「あるがまま」に受け止めることが出来るようになると、必要以上に強く感じていた不安や心配といった感情が和らぎ、これに比例して予期恐怖の症状も改善してくるものなのです。
ですから、森田理論の学習を通して誤った認識を正していくことで充分、予期恐怖の症状は改善してくるものなのです。
ですから、ここに予期恐怖の症状克服のためのチェックポイントがあると言って良いと思います。

次のページへ

※ なお、予期恐怖の症状についての、さらに詳しい克服方法については下記のHPをご覧ください。

…………………………………………

(森田療法、神経症専門)
MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com