(症状克服のためのチェックポイント)

1.どういう状態ですか。

あがり症や社会恐怖などの神経症に悩み、劣等感を強くしている時は人が自分の症状に気づき嫌な思いをしているとか、自分のような人間は人から嫌われて当然だと感じていることが多いものなのです。
森田療法では、これを「劣等感的投射」と言っていますが、神経症に悩み、劣等感を強くしている時は自分の症状と結びつけて物事を感じやすくなっているものなのです。
そして、このために自分に自信を持てなくなっていることが多いものなのです。

2.何が原因ですか。

劣等感の場合、背が低いとか太っているとか、こういう外見が原因になっていることも多いですが、神経症に悩んでいる場合は、こういう外見的な原因よりも自分の性格のことなど内面的な原因の方が大きいものなのです。
神経症の症状の中に醜形恐怖と言われている症状がありますが、この症状に悩んでいる時は自分の容姿が人よりも劣っていると感じ劣等感を強くしているものなのですが、客観的に見れば、むしろ人並み以上の容姿を持っている場合がほとんどなのです。
しかし、神経質性格の人間は人一倍、欲求が強いために高いところから自分を見てしまうために、どうしても劣等感を感じやすいものなのです。
つまり、完全欲の強さからくる「かくあるべし」の「とらわれ」が劣等感を感じやすくする原因になっているのだと思います。

3.どう対応したら良いのですか。

神経症に悩んでいる時の劣等感は森田理論の学習をしていく中で症状が改善してくると、これと併行して自然に薄れてくるものなのです。
ですから、劣等感に目を向けるのではなく劣等感はそのままに森田理論の学習をし神経症の改善を目指していくのが一番の近道だと思います。
そして、このためには目的本位など森田理論の考え方に沿って毎日の行動の仕方を変えるようにしていくことが大切になってくるのです。
今は神経症の場合でも社会不安障害パニック障害といった病名を付けられ薬物療法で対応することが増えていますが、抗うつ薬などの薬を飲むことで表面的に症状を感じなくさせても神経症の根本原因である「誤った認識」が正されない限り劣等感はなくならないと言えるのです。
こういう意味でも、薬物療法だけに頼るのは危険なことなのだと思います。

そして、これが劣等感克服のためのチェックポイントになると言って良いのではないかと思います。

次のページへ

※ なお、劣等感の症状についての、さらに詳しい克服方法については下記のHPをご覧ください。

…………………………………………

(森田療法、神経症専門)
MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com