(症状克服のためのチェックポイント)

赤面症は、あがり症や対人恐怖症社会恐怖社会不安障害の代表的な症状になり神経症全体から見ても最も多く見られる症状だと言って良いと思います。

人前で失言したり何か失敗したりした時は誰でも顔が赤くなったりしますが、このことが人から変に思われる恥ずかしいことだと感じ、異常に気になり劣等感を感じ、常に自分の顔が赤くなることに注意が向いてしまうのが赤面症に悩んでいる時の状態だと言って良いと思います。

なお、赤面症の症状は小学校の高学年から中学校位の時に出てくることが多いものです。
いわゆる思春期に入り異性の存在を意識し始める頃に赤面症の症状も起こりやすいものなのです。

一般的に神経症の症状は何年にも渡って悩みが続くものなのですが、この赤面症の症状も長い人になると50歳60歳といった中年になっても悩み続けているいる人が多いものです。
作曲家のチャイコフスキーが中年になっても赤面症に悩んでいたという話を聞いた事があります。

なお、このように中年になっても赤面症に悩んでいる人は女性よりも男性の方が多いように感じます。
女性の場合は出産や子育てといった経験を経ていく中で男性よりも精神的にたくましくなりやすいのかもしれません。

なお、赤面症の場合も人前で顔が赤くなることを、人から変に思われる恥ずかしいこと、異常なことだと考え排除していることから、逆に必要以上に赤面しやすくなっているものなのです。

ですから、まず人前での緊張や不安、赤面の症状を今は感じて当然のことなんだと受け止めるようにしていくことが大切なチェックポイントになってくると思います。

これは、「あるがまま」など森田療法の考えを理解していないと、なかなか難しいことだと思いますが、森田療法の学習をしていく中で充分、受け止められるようになってくるものなのです。

そして、この上で目の前の「なすべきこと」を一つ一つ、きちんとこなすようにしていくと、この繰り返しの中で少しずつ赤面症の症状が和らいでくるものなのです。

ですから、赤面症を克服するチェックポイントは人前での緊張や不安、赤面の症状を今は感じて当然のことなんだと受け止め、この上で目の前の「なすべきこと」をきちんとこなしていくことだと言って良いと思います。

また、人前で顔が赤くなることは自分では非常に恥ずかしいことだと感じてしまいますが、他の人から見ると、それほど重大には受け止めていないという事実をきちんと自覚していくことも大切だと思います。

次のページへ

<参考ページ>
1)赤面症の症状
2)赤ら顔の治療と克服

※ なお、赤面症の症状についての、さらに詳しい克服方法については下記のHPをご覧ください。

…………………………………………

(森田療法、神経症専門)
MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com