(症状と原因、解消のためのチェックポイント)

不眠症は今夜もまた眠れなかったらどうしようと不安になり、悩んでしまう症状ですが、社会恐怖やパニック障害、自律神経失調症、慢性疲労症候群と共に神経症の代表的な症状になり、悩んでいる人も多い症状になります。

昔は睡眠障害用の薬、いわゆる睡眠薬は内科や心療内科の病院で診断してもらい、手に入れるしかなかったものです。

しかし、数年前から校ヒスタミン剤をベースにした不眠解消のための市販の睡眠薬も発売されるようになり、非常な売れ行きとのことです。

これは、それだけ現代は不眠症に悩む人が多いということの1つの証拠なのだと思います。

パソコンやスマホを初めとして科学技術が進歩し、生活が便利になったことで、かえって今まで感じなかったようなストレスを感じることが多くなったという可能性もあるのではないかと思います。

そして、このストレスから不眠症になる人も増えているのではないかと思います。

しかし、神経症が原因の不眠症の場合は睡眠障害用の薬を飲んで一時的には効果が見られてたとしても、少し経つと、また症状が再発してしまうことが多いものなのです。

これは神経症が原因の不眠症が「うつ病」などの純粋な心の病気から来る不眠とは、その起こるメカニズムが全く異なるからなのです。

うつ病や統合失調症といった純粋な心の病気が原因の場合は脳内の神経伝達物質の量が異常になっていますから、睡眠障害用の薬によって、この量を調整することで眠れるようになるものなのです。

しかし、神経症が原因の不眠症の場合は、「今夜もまた眠れなかったらどうしよう」と「予期不安」を感じていることが多いものなのです。
つまり、脳内の神経伝達物質の量の問題ではなく睡眠に対する「とらわれ」、つまり心の置き所が大きく影響しているものなのです。

このため、いくら睡眠障害用の薬を飲んでも、これでは根本的な対策にはならないと言えるのです。

また、神経症が原因の不眠症に悩んでいる時は、眠れない時に「これは大変だ、どうしよう」と感じ無理に寝ようとしてしまうために、逆に余計に目が冴えてしまうものなのです。
(なお、この傾向が見られるかどうかが神経症が原因の不眠症かどうかの1つのチェックポイントになると思います。
つまり、心の病気が原因の場合は、こういう予期不安はあまり感じないものなのです。)

ですから、神経症が原因の不眠症の場合は、眠れない時に無理に寝ようとせず「寝る形を整える」ようにしていくと良いと言えるのです。
つまり、睡眠薬に頼らず、決めた時間に布団に入り体を横にして軽く目を閉じ「寝る形を整える」ようにしていくと、少しずつ不眠に対する「とらわれ」がうすれ、眠れるようになってくるものなのです。

後は、森田療法の考えを参考にしながら毎日の生活を送るようにしていくと、この繰り返しの中で少しずつ睡眠のリズムが整い、不眠に対する「とらわれ」から抜け出していくことが出来るものなのです。
そして、この結果、不眠症の症状を解消していくことが出来るのです。

こういう意味で、不眠症を解消するためのチェックポイントは森田療法の考えを頭に入れた上で、無理に寝ようとせず「寝る形を整える」ようにしていくことだと言って良いと思います。


もしこのサイトの内容が参考になりましたら、下のボタンから共有をお願いします。


次のページへ

※ なお、不眠症の症状についての、さらに詳しい克服方法については下記のHPをご覧ください。

…………………………………………

(森田療法、神経症専門)
MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com