(症状克服のためのチェックポイント)

社会恐怖は最近ではSAD(社会不安障害)と呼ばれることも多いですが、対人恐怖症の別名と言えるものであり、あがり症や社交不安症、コミュ障と同じ意味になります。

ただ、ネット検索の際に「社会恐怖」という言葉で検索される方も多いために、あえて、このページを作成させていただきました。
このため、このページにおいても他と内容が重複している部分が多いと思いますが御了承頂ければと思っております。

早速ですが、他のページでも説明させて頂いているように、社会恐怖の場合も対人緊張や対人不安赤面症多汗症といった症状を、異常なことだと考え、排除していることから、逆に、これらを必要以上に強く感じることになっているものなのです。

ですから、まず、対人緊張や対人不安、赤面症や多汗症といった症状を今は感じて当然のことなんだと受け止めるようにしていくことが大切になってくると思います。

ただ、これは、目的本位など森田療法の考えを理解していないと、なかなか難しいことだと思います。

しかし、MTカウンセリングにより森田療法の学習をしていく中で感情や社会恐怖の症状に対する自覚が深まってくると、充分、今は症状を感じて当然のことなんだと受け止められるようになってくるものなのです。

そして、この上で、目の前の「なすべきこと」を一つ一つ、きちんとこなすようにしていくと(これが森田療法で言っている「目的本位の行動」ということになります)、少しずつ人前での緊張や不安、社会恐怖の症状が和らいでくるものなのです。

ですから、社会恐怖を克服していく上でのチェックポイントは、対人緊張や対人不安、赤面症や多汗症といった症状を、今は感じて当然のことなんだと受け止め、この上で、目の前の「なすべきこと」をきちんとこなしていくことだと言って良いと思います。

つまり、こういう形で森田療法で言っている目的本位の行動をつ見重ねていくと、少しずつ社会恐怖の症状に対する「とらわれ」が和らいでくるものなのです。


もしこのサイトの内容が参考になりましたら、下のボタンから共有をお願いします。


次のページへ

<参考ページ>
1)対人恐怖の症状
2)対人恐怖の原因と対策

※ なお、社会恐怖の症状についての、さらに詳しい克服方法については下記のHPをご覧ください。

…………………………………………

(森田療法、神経症専門)
MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com