(症状克服のためのチェックポイント)

1.どういう状態ですか。

不安神経症は最近ではパニック障害と呼ばれることが多くなりましたが、突然起こる不安発作が特徴の症状になります。
乗り物恐怖と言われている、電車や飛行機に乗っている時に動悸や息苦しさといった形で起こる場合や、心臓神経症と言われている、めまいや立ちくらみ、心臓の痛みといった形で起こる場合など、いろいろな現れ方があります。
ただ、いずれも場合も、「このまま死んでしまったらどうしよう」と死に対する恐怖を感じるところに特徴があります。
森田療法では、これを「死の恐怖」と言っていますが、こういう死に対する恐怖を感じるかどうかが、不安神経症かどうかの1つのチェックポイントになると言って良いと思います。

2.何が原因ですか。

不安神経症の場合は社会恐怖の場合とは違い、直接的な「死の恐怖」が原因となって症状が起こってくるものなのです。
動悸やめまい、息苦しさといった不安発作の症状が起こった時に、このまま死んでしまったらどうしようと「死の恐怖」を感じ狼狽えることで、逆に、かえって症状を強くしているものなのです。
ですから、心臓や脳などの体の異常が原因ではないのです。

3.どう対応したら良いのですか。

最近はSSRIなどの本来、抗うつ薬であるものをパニック障害の治療薬として製薬会社が販売してきており、薬で治そうとする傾向が強いように感じます。
しかし、不安神経症の根本になる原因は「死の恐怖」に対する「とらわれ」にあると言えますから、いくらSSRIなどの薬を飲んで不安発作の症状を表面的に抑えるだけの治療をしても、この根本的な原因が改善されないことには症状が治らないものなのです。
つまり、森田療法の考え方を身につけていく中で恐怖突入の実践を繰り返し、「死の恐怖」に対する「とらわれ」解消されてくると、この結果として不安神経症の症状を克服していけるものなのです。

次のページへ