(症状克服のためのチェックポイント)

1.どういう状態ですか。

トップページでも書かせていただきましたが、発作的に動悸が起こり今にも心臓麻痺で死ぬのではないかと恐怖におそわれ医者を呼んだり救急車を呼んだり大騒ぎをする。
心臓の病気ではないかと感じ病院で何回も心電図を取り、異常なしと言われても安心できない、といった形で現れてくるのが心臓神経症と言われている症状になります。
そして、この症状は、急行電車や飛行機などの乗り物に乗っている時とか、夜、布団に入って寝る前とかに起こってくることが多いように思います。
なお、心臓神経症は社会恐怖強迫神経症の場合には見られることが少なく、パニック障害不安神経症に悩んでいる時に見られることが多い症状になります。

2.何が原因ですか。

心臓神経症の場合も、その根本的な原因は心臓の病気やストレスといったものではなく「死の恐怖」に対する「とらわれ」にあると言って良いと思います。
つまり、心臓神経症は病院で心臓の病気かどうかの検査をしても特に異常が見られないという場合の話になります。
狭心症や心筋梗塞など心臓の病気がある場合は、この治療をしていくことが大切になります。
なお、心臓神経症の場合は動悸や胸の痛み、頻脈といった症状が起こった時に、このまま死んでしまったらどうしようと考えてしまうために、ますます不安になり症状を強くしてしまうものなのです。
これは人一倍「生の欲望」の強い神経質性格の人の場合に「死の恐怖」も人一倍、強くなるからだと言って良いと思います。
また、心臓神経症の症状をますます強くしてしまうのは、不安や症状に引きずられて「なすべきこと」から逃げてしまうという「気分本位の行動」を積み重ねているためだと言って良いと思います。
ですから、心臓神経症かどうかのチェックポイントは心臓の病気がないことと「死の恐怖」を強く感じるかどうかにあると言って良いと思います。

3.どう対応したら良いのですか。

心臓神経症の場合も動悸や心臓の痛みといった症状だけに目を向け、薬などで、これを取り除こうとしても、これでは根本的な解決にはならないものなのです。
つまり、一時的に症状が治まったように見えても長い目で見ると再発してしまうことが多いものなのです。
ですから、薬などで対応するよりも、森田療法の学習を通して誤った認識や「気分本位のクセ」を直していくことが大切になってくると思います。
つまり、これが心臓神経症の症状克服のためのチェックポイントにもなると思います。

次のページへ

※ なお、心臓神経症の症状についての、さらに詳しい克服方法については下記のHPをご覧ください。

…………………………………………

(森田療法、神経症専門)
MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com