(症状克服のためのチェックポイント)

1.どういう状態ですか。

パニック障害は不安神経症の新しい呼び方であり、症状としては全く同じ意味になります。
つまり、過呼吸や過換気症候群、飛行機恐怖症、心臓神経症、突発性めまいなど、かつて不安神経症に分類されていたものが現在では、パニック障害と呼ばれるようになっているのです。
パニック障害の症状も神経症の一つに入るものなのですが、社会恐怖などとは異なり、直接的な「死の恐怖」を感じるというところに特徴があります。
このため、過呼吸や動悸などの症状が起こった時に「これは大変だ、このまま死んでしまうのではないか」と感じ、救急車を呼んだりすることが多いものなのです。
ですから、こういう傾向があるかどうかがパニック障害を見極める1つのチェックポイントになると思います。

2.何が原因ですか。

パニック障害の場合、その根本的な原因は「死の恐怖」に対する「とらわれ」にあると言って良いと思います。
つまり、動悸や息切れ、過呼吸といったパニック発作が起こった時に、このまま死んでしまったらどうしようと「死の恐怖」を感じてしまうために、ますます、パニックになり症状を強くしてしまうものなのです。
そして、この「死の恐怖」に対する「とらわれ」は他の神経症の場合と同じように症状に引きずられて「なすべきこと」から逃げてしまうという気分本位の行動を取る「クセ」から起こってくるものなのです。
つまり、動悸や息切れ、過呼吸といった症状が、また起こったらどうしようと、この不安に引きずられ、電車や飛行機といった乗り物に乗ることから逃げてしまうという気分本位の行動を繰り返してしまうために起こってくるものなのです。
つまり、こういう気分本位の行動を取ると一時的には楽が出来るのですが、長い目で見ると、ますますパニック障害の症状を強くすることになってしまうのです。

3.どう対応したら良いのですか。(克服法)

パニック障害の場合も、症状だけに目を向け、これを取り除こうとする方向では、一時的に症状が治ったように見えても、長い目で見ると再発してしまうことが多いものなのです。
ですから、薬物療法といった治療法だけではなく、森田療法の学習を通して、誤った認識や「気分本位のクセ」を直していくことが大切になってくるのです。
つまり、これがパニック障害克服のための大きなチェックポイントになると思います。
つまり、森田療法の学習をしていく中で、症状の原因となっている「死の恐怖」に対する「とらわれ」やパニック発作に対する受け止め方など、心の置き所が変化してくれば、この結果として、パニック障害の症状を克服していくことが出来るものなのです。

次のページへ

※ なお、パニック障害の症状についての、さらに詳しい克服方法については下記のHPをご覧ください。

…………………………………………

(森田療法、神経症専門)
MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com