(症状克服のためのチェックポイント)

1.どういう状態ですか。

多汗症というのは、手のひらとか顔、わきに異常に汗をかいてしまうことで悩んでいる状態を言います。
そして、このために人から変に思われると感じてしまうのが神経症が原因になっている多汗症の特徴だと言って良いと思います。
また、季節的には、かえって暑い時期よりも春とか秋といった時期の方が多汗症の症状が気になってしまう人が多いように思います。
これは、暑い時期であれば誰でも汗をかくために、自分の汗を異常だと感じにくいからだと思います。
しかし、春とか秋といった他の人はあまり汗をかかない時期に自分だけ顔やわきに汗をかいてしまうということで、周りの人から変に思われると感じ、恥ずかしくなってしまうのが神経症が原因の多汗症の特徴だと言って良いと思います。
また、神経症が原因の多汗症の場合、病院で汗腺の手術をしたりボトックス注射や漢方の薬といった治療を行っても、一時的には治ったように感じても、また少し経つと症状がぶり返してしまうことが多いと思います。
ですから、こういう傾向があるかどうかがMTカウンセリングで治せるかどうかの1つのチェックポイントになると思います。

2.何が原因ですか。

多汗症の場合は、わきがと同様に体質的なものが原因である場合もありますが、今、上に書いたような形の神経症が原因の多汗症の場合は赤面症など他の社会恐怖やあがり症の場合と同様に、顔やわきに汗を異常にかいてしまうことで周りの人から変に思われたらどうしようという対人不安が原因になっているものなのです。
つまり、顔やわきに汗を異常にかいてしまうという症状だけに目を向け、これを無くそうと誤った方向の努力をしてしまうために、逆にますます汗をかきやすくなってしまうと言えるのです。
具体的に言えば、人と接することを避けてしまうとか、わきの汗が目立たないようにと汗パットなどを使ったりしてしまうことなのです。
また、さっきも書きましたが、病院で汗腺の手術をしたりボトックス注射や漢方の薬といった治療をしてしまうことも、神経症が原因の多汗症の場合は誤った方向の努力ということになってしまうのです。
森田療法では、こういう行動を「気分本位の行動」と言っていますが、これによって一時的には楽が出来たとしても長い目で見ると多汗症の症状は逆に、ますます強くなってしまうものなのです。
これは神経症が原因の多汗症は汗に対する「とらわれ」が出来た状態だからなのです。

3.どう対応したら良いのですか。

今、上にも書きましたが神経症が原因の多汗症の場合には顔やわき、掌の汗の症状だけに目を向け、これを取り除こうとする方向では一時的には治ったように見えても長い目で見ると再発してしまうことが多いものなのです。
ですから、手術とかボトックス注射、漢方薬といった治療方法ではなく、森田療法の学習を通して誤った認識や「気分本位のクセ」を直していくことが大切になってくるのです。
つまり、森田療法の学習をしていく中で、顔やわき、掌の汗の症状に対する受け止め方が変化し、「あるがまま」に受け止めることが出来るようになれば、この結果として多汗症の症状は起こらなくなってくるものなのです。
ですから、ここに多汗症の症状克服のためのチェックポイントがあると言って良いと思います。

次のページへ

※ なお、対人恐怖症の症状についての、さらに詳しい克服方法については下記のHPをご覧ください。

…………………………………………

(森田療法、神経症専門)
MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com