(症状克服のためのチェックポイント)

1.どういう状態ですか。

対人不安は、あがり症や社会恐怖に悩んでいる時に共通してみられる症状になります。
つまり、自分が人からどう思われているか、変に思われているのではないかと、常にこのことが気になり不安になってしまう状態だと言って良いと思います。
赤面症に悩んでいる時は人前で顔が赤くなったらどうしようと予期不安を感じる結果、対人不安を強くし、このために人と接することを避けてしまうということになりやすいものなのです。
しかし、この対人不安も他の不安と同様に感情の一つの表れだと言えるのです。
ですから、自分の意志の力で無くそうとしても無くすことの出来ないものなのです。

2.何が原因ですか。

あがり症や対人恐怖に悩み自己中心的傾向を強くしている時は自分が人からどう思われているか、変に思われているのではないかと不安を感じやすいものなのです。
つまり、自分を中心にして考え行動してしまう「自己中心的傾向」が強くなっている時に対人不安も感じやすいものなのです。
そして、対人不安を強くしてしまうのは他の不安と同じように対人不安だけに目を向け、これを無くそうと不可能を可能にしようとする努力をしているからだと言えるのです。
つまり、対人不安だけに目を向け、これを無くそうとしていることで、逆に対人不安を余計に強くしていると言えるのです。

ですから、自己中心的傾向があるかどうかと、対人不安だけに目を向け、これを無くそうとしているかどうかが原因ということになると思います。
また、これがMTカウンセリングを適用できるかどうかの1つのチェックポイントになると思います。

3.どう対応したら良いのですか。

対人不安は赤面症や多汗症といった対人恐怖が原因になっていますから、まず、これを治していくことが大切になります。
今は対人恐怖も社会不安障害などと呼ばれ、抗うつ薬といった薬で治そうとする傾向がありますが、この方向では症状を表面的に抑えるだけであり根本的な改善には結びつかないと思います。
ですから、森田療法の学習によって根本的な原因から改善していくことが大切になると思います。
つまり、目的本位など森田療法の考え方に沿って行動の仕方を変えていく中で、人から変に思われたらどうしようという不安に対する「とらわれ」を解消していくことが大切になってくると思います。
そして、ここに対人不安克服のためのチェックポイントがあると言って良いと思います。
つまり、森田療法の学習をしていく中で対人恐怖の症状が改善してくると、これに比例して対人不安の症状を克服していくことが出来るものなのです。

次のページへ

※ なお、対人不安の症状についての、さらに詳しい克服方法については下記のHPをご覧ください。

…………………………………………

(森田療法、神経症専門)
MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com