(症状克服のためのチェックポイント)

対人恐怖症は神経症のもっとも代表的な症状になります。
あがり症や社会恐怖、SAD、社会不安障害、人間恐怖と呼ばれる症状と基本的には同じものだと考えて良いと思います。

具体的には、トップページにも書かせて頂きましたが、人前でのあがりや緊張、劣等感、赤面、手や足の震え、異常な汗かき、人見知りなどが対人恐怖症の主な症状になります。
これらは、一般的に、あがり症や赤面症、震え恐怖、多汗症と言われている症状になります。
また、これら以外にも人目が気になる視線恐怖や、話の輪に入れない雑談恐怖、笑う時に顔が引きつってしまう笑顔恐怖などの症状が良く見られます。

対人恐怖症に悩んでいる時は、緊張や不安、赤面、発汗、震えなどの症状を感じて当然の時でも、これを異常なものとか恥ずかしいことと考え、排除しようとしていることが多いものです。

しかし、これは神経症の場合、気分本位の「はからい」の行動になってしまうために、邪魔者扱いし排除しようとすればするほど逆に、ますます緊張や不安、赤面、震えなどの症状を強くしてしまうという「悪循環」に陥っているものなのです。
今は対人恐怖症の場合でも病院に行くと抗うつ薬や精神安定剤を処方されることが多いですが、これも神経症の場合は気分本位の「はからい」の行動になってしまうものなのです。

つまり、対人恐怖症は脳などの体の異常が原因となっている病気ではなく、緊張や不安といった感情を自分の意志の力で変えることが出来るという「誤った認識」に引きずられて行動していることが原因になっているのです。
森田療法では、これを気分本位の「はからい」の行動と言っていますが、こういう誤った方向の行動を繰り返してしまうことで、ますます対人恐怖症の症状を強くしているのです。

そして、この結果、人から変に思われたらどうしようという不安に対する「とらわれ」が出来ているのが対人恐怖症に悩んでいる状態だと言えるのです。

ですから、薬や暗示、訓練や練習など、対人恐怖症の症状だけに目を向け、これを取り除こうとする方向では、これは気分本位の「はからい」の行動になってしまいますから、一時的には治ったように感じても、少し経つと、また症状が再発するというように、根本的には治らないことが多いものなのです。

しかし、MTカウンセリングにより森田療法の学習をしていく中で根本原因である「誤った認識」が正され「とらわれ」が和らいでくると、この結果として、対人恐怖症の症状を根本的に克服することができるものなのです。

つまり、目的本位や「あるがまま」など、森田療法の考えに従って行動するようにしていくと、症状の原因となっている緊張や不安を必要以上に大きくしなくて済み、この結果、少しずつ、対人恐怖症の症状を克服していけるものなのです。

ですから、ここに対人恐怖症の症状を克服していくためのチェックポイントがあると言って良いと思います。


もしこのサイトの内容が参考になりましたら、下のボタンから共有をお願いします。


次のページへ

<参考ページ>
1)対人恐怖症の克服法
2)本態性振戦(手の振るえ)とは

※ なお、対人恐怖症の症状についての、さらに詳しい克服方法については下記のHPをご覧ください。

…………………………………………

(森田療法、神経症専門)
MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com